ヒュッゲな時間にディプティックのキャンドル(カシスとバラの香り)

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日は、疲れた身体をひととき休ませ、英気を養う、そんな「男の一服」のための逸品をご紹介します。

本日ご紹介するのは、diptyque (ディプティック)のキャンドルで、BAIES (ベ)です。

最近は、デンマークの文化であるヒュッゲ(HYGGE)という言葉を耳にする機会が増えました。

キャンドルのほのかな灯火は、ヒュッゲな時間を過ごすためにとても有効だと思います。

1961年にフランスのパリで創業したdiptyque (ディプティック)は、1963年より香りを創作し続ける名門フレグランスメゾンです。

今回ご紹介する BAIES (ベ)は、カシスの葉にバラの花が合わさった香りです。仕事でフランスを訪れた際に、Victor Hugo Avenue にある小さなショップで購入しました。

リラックスしたり、集中して考え事をしたい時には、バラ園にいるような落ち着いた香りと炎の揺らめきに癒されるこのキャンドルは、とてもお薦めです。

皆さんも是非 忙しない日々の中に、フレグランスキャンドルを取り入れることで、ヒュッゲな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>