ヒュッゲな時間に楽しむ紅茶(エディアール,クスミティー,マリアージュフレール)

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日は、疲れた身体をひととき休ませ、英気を養う、そんな「男の一服」のための逸品をご紹介します。

本日ご紹介するのは、私の愛飲する紅茶です。

忙しい日常も暖かい紅茶を淹れるだけで、ホッと一息つけるヒュッゲな時間になります。

HEDIARD (エディアール)

1854年にパリのマドレーヌ広場で開店したエディアールは、海外の珍しい香辛料や紅茶を販売する高級食料品店です。

その顧客リストには、多くの芸術家や歴代大統領が名を連ねています。

私は、ここのアールグレイの香りが大好きです。

KUSMI TEA (クスミティー)

1867年にロシアのサンクトペテルブルクで開店したクスミティーは、ロシア皇帝に愛され、ヨーロッパからフランス パリへと進出し、現在に至ります。

フルーツやスパイスをブレンドしたユニークな紅茶が多く、気分転換をしたい時などに頂いています。

MARIAGE FRERES (マリアージュフレール)

交易会社としてのマリアージュフレールの歴史は古く、1660年頃にマリアージュ兄弟が設立したフランス交易によって、その礎が築かれました。

その後、1854年に香辛料や茶葉の貿易会社として、フランスのパリにマリアージュフレールは設立されました。

通常、マリアージュフレールの福袋はすぐに売り切れとなりますが、青山通りのお店を年始に訪れた際には、店内に人もまばらで福袋が山積みとなっていました。

青山店は福袋入手の穴場かもしれません。

普段、夕食後に紅茶を頂きますが、体がポカポカと暖まるとともに、香りで心がゆったりとリラックスできる気がします。

皆さんも是非 香り高い紅茶で至福の一服を楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>