陶芸家 本多亜弥 (ほんだあや)の染付野葡萄文鉢

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日ご紹介するのは、本多亜弥氏の染付野葡萄文鉢です。

本多亜弥氏は、2003年に愛知県立芸術大学 大学院を卒業後、奈良県で作陶されています。

このうつわでは、紺や緑といった様々な種類の青色で葡萄の実や葉が描かれています。

繊細なタッチと濃淡のある柔らかな色合いは、この染付のうつわに上品さとモダンさをもたらしており、洋食が非常に似合うと思います。

少し深さもありますので、我が家では、シチューやスープを入れる際に多用しています。

皆さんも是非 モダンな和のうつわに洋食を盛り付けてみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>