心和庵 (こよりあん)の染錦三方割花絵入子蕎麦猪口

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日ご紹介するのは、心和庵 (こよりあん) の染錦三方割花絵の入れ子蕎麦猪口です。

夏の花として、朝顔、藤の花、紫陽花が描かれています。

染付上に描かれた色とりどりの上絵が非常に美しい入れ子椀です。

2015年に高島屋で開催された「NIPPONものがたり」で販売されていたもので、大中小の3サイズの椀が入れ子となるように作られています。

残念ながら購入時期が遅く、私が手に入れたのは大小の2サイズのみです。

当時、中のサイズも探したのですが、結局、見つかりませんでした。

2018年の12月に3年越しで中のサイズに出会い購入しました。その時の記事はこちら。

大きな椀は、あんみつのような冷たい和菓子やお刺身などによく合います。

また、小さな椀は、薬味や珍味入れとして重宝します。

夏の食卓にサイズ違いでこの椀を並べると、非常に風流かと思います。

皆さんも是非 夏の暑い日に夏の花のうつわで涼を感じてみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>