木の風合いを感じる入れ子椀 工房仁 (仁城義勝)

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、仁城義勝氏の入れ子椀で、四つのお椀とお皿にもなる蓋がセットとなっています。

仁城氏は、岡山県で製作をされており、木地作りから漆塗りまでの全工程を一人で行われていたそうです。(現在は引退され、息子さんがその意思を引き継がれているようです。)

四つのお椀を重ねて上から眺めると、入れ子がまるで木の年輪のように見えてきます。

3~4回、漆を塗り重ねられた椀の表面には、美しい木目が見てとれます。

将来の経年変化により、更に木目が浮かび上がってくるのが、とても楽しみな逸品です。

この入れ子椀には木の風合いが多く残っており、それが自然の温もりを感じさせてくれます。

皆さんも是非 自然の温もりを感じる器で食卓を彩ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする