ニューバランス M1300JPV ヌメ革の日光浴によるエイジング(1ヶ月)

購入時が上段、1ヶ月経過後が下段

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、2020年12月の中旬に購入したニューバランス M1300JPVを1ヶ月の間、日光浴によって日焼けさせてみた結果となります。

本日ご紹介するのは、ニューバランスのフラッグシップモデルである 1300 の誕生35周年記念として発売した M1300JPVです。1300は、ラルフローレンが「雲の上を歩くよう」と絶賛したとか、「スニーカー界のロールスロイス」と称されていることで有名です。

普段はあまり気にせずに使用開始するのですが、あまりに美しいヌメ革のため、今回は万全を期して、日光浴をすることにしました。

購入時が上段、1ヶ月経過後が下段

日光浴は、購入後、ほぼ毎日、出窓(室内)に置くことで実施しました。

なお、この出窓に直射日光が当たるのは、晴れた日の14時台に約30分程度です。

購入初日と2週間ほど経過したタイミングで、コロニルの1909シュプリームクリームデラックスを薄く塗って保湿しています。

購入時は、とても薄いベージュカラーなヌメ革でしたが、この1ヶ月でほんのりと暖かい色味が差してきました。

まだ一度も屋外で着用したことがないため、汚れもなく、とても綺麗な状態のまま、経年変化してきています。

あと1~2ヶ月の間、屋内での日光浴を楽しみ、春先辺りになったら、着用してみようと思います。

皆さんも大切なヌメ革製品を新調された際には、日光浴を試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate>>