ニューバランス 栃木レザーのベジタブルタンニングレザー(ヌメ革)で出来たM1300JPV

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介しています。

本日ご紹介するのは、ニューバランスのフラッグシップモデルである 1300 の誕生35周年記念として発売した M1300JPVです。1300は、ラルフローレンが「雲の上を歩くよう」と絶賛したとか、「スニーカー界のロールスロイス」と称されていることで有名です。

本日ご紹介するのは、New Balance(ニューバランス)を代表するモデルであるM576のGRENSON(グレンソン)とのコラボレーションモデルです。

通常、1300はUS製のようですが、このM1300JPVは、日本のM.Lab(ミムラボ)にて製作されています。

また、栃木レザーのベジタブルタンニングレザーが全体に使用されており、純国産スニーカーとしての存在感を際立たせています。

雑誌での特集を読むと、革の厚みの調整や経年変化が進まないよう手袋の着用など、製作は難航を極めたようです。

そのため、1日にわずか5足ほどしか作れないという記載もありました。

300足の限定ですので、単純計算すると製作に60日も要することとなってしまいます。

熟練の職人がそれだけの手間をかけて仕上げただけあり、日焼けがなく均一にベージュ色をしたヌメ革はとても美しく、見ていて飽きません。

これだけ美しいと、履き下ろすのが少し勿体ない気もしますが、経年変化を楽しみながら履いていきたいと思います。

Translate>>