革靴のハーフラバーソールの張り替えとトライアンフの取り付け

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

一生モノの逸品は、日々の使用と定期的なメンテナンスによって、更にその輝きを増してゆきます。

本日ご紹介するのは、MOTO (モト)のコードバン プレーントゥ オックスフォードシューズ (#2100) ブラウンのハーフラバーソールの張り替えとトライアンフの取り付けです。

こちらの記事でトライアンフの3ヶ月経過状況をご紹介しています。

2年と5ヶ月前にラバーソールを張りましたが、溝も無くなり、つるつるになってきました。

この2年5ヶ月の間に、つま先のみのラバーの張り替えは2度行っています。

MOTOのオックスフォードシューズは、アウトソールの革が2枚ととても厚く反り上がりにくいのか、つま先がすぐに削れてきます。

今回は、Vibram (ビブラム) のクロコダイルというハーフラバーソールに張り替えました。

クロコダイルは、歩行時に地面と接する部分のラバーが厚く作られています。

また、削れやすいつま先には、トライアンフを取り付けることで、ソールの張り替え頻度の減少を期待しています。

上の画像は、靴の前面から写したものです。

こちらは、側面です。

非常に美しい仕上がりとなっており、この革靴を履いてお出掛けをするのが今から楽しみです。

革靴は、日々のお手入れと時々の修理により、10年、20年と長く愛用することができます。

皆さんも是非 大事な革靴に手を掛けながら、長く愛用してみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>