サントリー シングルモルトウイスキー 山崎12年

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日は、疲れた身体をひととき休ませ、英気を養う、そんな「男の一服」のための逸品をご紹介します。

本日ご紹介するのは、サントリー シングルモルトウイスキー 山崎12年です。

写真は、50mlのミニチュア瓶です。

1984年に誕生したウイスキー「山崎」は、その名の示す通り、サントリーの山崎蒸留所で作られています。

1923年に建設着手した山崎蒸留所は、ウイスキー作りに必須となる清らかな水と温暖かつ湿潤な気候に恵まれた土地です。

山崎12年は、とても繊細で深みのある味わいと共に、幾重にも押し寄せる複雑な香味が楽しめるウイスキーです。

2003年には、日本で初めてインターナショナル・スピリッツ・チャレンジで金賞に輝きました。

その後、多くの国際的な賞を受賞しています。

私の味覚は当てになりませんので、サントリーのホームページのテイスティングノートを引用すると、

「ホワイトオーク樽熟成原酒由来の甘いバニラ香と熟した果実香が特長。シェリー樽原酒とジャパニーズオークのミズナラ樽原酒が潜む。」

とあります。

昨今の原酒不足によって、このウイスキーも店頭で見かけることが非常に少なくなってきてしまいました。

ミニチュア瓶なのですぐに無くなってしまいそうですが、その儚さとともに楽しみたいと思います。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>