道雪窯 (どうせつがま)のリム大皿 百合、木蓮

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日ご紹介するのは、道雪窯(どうせつがま)のリム大皿です。

直径は約24cmあります。一点は百合の花で、もう一点は木蓮の花だと思います。

(百合の花)

たおやかに咲く百合の花で、花弁の1枚1枚が丁寧に描かれています。

また、リムの紋様も手書きとは思えないほど、精緻な曲線が等間隔の点で描かれています。

(木蓮の花)

こちらも非常に美しいうつわで、木蓮の花弁や枝が生き生きと描かれています。

道雪窯のうつわは、緻密に描かれた蛸唐草もインパクトがあり良いですが、この花のうつわもとても素晴らしい見栄えで、花が描かれたうつわをたくさん収集して植物の図鑑代わりに飾りたくなってしまいます。

皆さんも是非 美しい花のうつわで食卓を飾ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate>>