革財布についた細かな傷を簡単に目立たなくさせる方法 (お手入れ)

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

一生モノの逸品は、日々の使用と定期的なメンテナンスによって、更にその輝きを増してゆきます。

本日は、簡単なメンテナンスによって、日々の使用でついてしまった Lファスナー の細かな傷を、目立たなくさせる方法についてご紹介します。

革製品は、手の爪で引っ掻いてしまったり、鞄の中で鍵などと擦れてしまったりと、日々の使用の中で細かな傷が蓄積されてゆきます。

私のこのLファスナーも、上の写真のように細かな傷が数多くついてしまっています。

しかし、革の細かな傷はメンテナンスによって、ある程度目立たなくさせることができます。

まずは、ブラッシングを行いホコリなどを落として行きます。

特にステッチやファスナーとの境目など、ホコリの溜まりやすい箇所を念入りにブラッシングして下さい。

ブラッシングだけでも、非常に細かな傷は、目立たなくなることがあります。

次に汚れ落としと保革です。

今回は、これ1つで汚れ落としと栄養補給を兼ねた SAPHIR (サフィール) のユニバーサルレザーローションを使いたいと思います。

※色落ちが発生する場合がありますので、必ず見えにくい場所などで事前に確認下さい。

柔らかい端切れなどで、このローションを革全体に薄く塗り伸ばします。

その際に、目立つ汚れは、優しく汚れの表面を拭き取るようにします。

乾いた後に、別の端切れできれいに磨きあげたら完成です。

たったこれだけで、下のBefore-Afterの写真のように、細かな傷が目立たなくなくなりました。

皆さんも是非 試してみてはいかがでしょうか。

Translate>>