S-351T col.3091 アンティークゴールド × ブラックマット 999.9(フォーナインズ)

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日ご紹介するのは、999.9(フォーナインズ)のボストン型 眼鏡であるS-351Tです。

カラーは、アンティークゴールドとブラックマットのコンビで、フロントおよびテンプルはチタン製です。

フォーナインズの眼鏡を出来るだけ安く購入する方法

フォーナインズの M-38 を入手

フォーナインズ眼鏡の鼻パッドの交換

999.9は、1995年に東京世田谷で設立された眼鏡フレームブランドです。

「眼鏡は道具である。」という理念のもと、機能とデザインの両立した眼鏡を生み出しています。

999.9の眼鏡の象徴的機能といえば、逆Rヒンジといわれるフロントとテンプルの間に逆R字でついているパーツです。

この弾力性の高いパーツによって、掛け心地が柔らかく、かつ、変形しにくいフレームを実現しています。

しかし、私は機能性に優れたこのR字が、フロントからテンプルへ繋がるラインをぽってりとしたスマートでないデザインにしてしまっていると考えています。

今回ご紹介するS-351Tは、逆Rヒンジを内蔵し外側から見えなくする「ビルトイン逆R」が採用されたことで、すっきりとした外見となり、デザイン性が格段に向上したと思います。

この眼鏡を昨年手に入れましたが、こうして今 写真で見てもプロダクトとしての眼鏡の美しさを感じています。

皆さんも是非 毎日身に付けるものこそ、こだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>