夏に涼をとる。大西常商店の京扇子

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介しています。

本日ご紹介するのは、大西常商店で購入した60間の京扇子です。サイズは、約23cmです。

京扇子を名乗るためにはいくつか条件があり、京都・滋賀産の素材を利用し、京都にて仕立て、そして京扇子の組合加入者によって製作されている必要があるようです。

今回手に入れた京扇子は、表面に刷毛引きによって美しい柄が描かれています。

また、60本もの竹の骨が要の1点で纏められている様は、製作した職人の技術の高さが窺えます。

細く薄い骨は、扇ぐ際に良くしなり、とても柔らかな風を起こしてくれます。

皆さんも是非 真夏の暑い日に京扇子で涼をとってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate>>