MAWA似のハンガーに統一してクローゼットを整理整頓

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日ご紹介するのは、クローゼット内の整理整頓のためのハンガーの活用です。

我が家では、2年ほど前に写真のMAWA (マワ) 似のノンスリップハンガーに統一しました。

当初は、ノンスリップハンガーのビニールコーティング部分にホコリが付着しないか、また、すぐに劣化してしまわないか心配でした。

しかし、ホコリが付着することもなく、また、2年ほど使用していますが、劣化も全く見られません。

ハンガーを統一したことで、大きく2点のメリットがありました。

①ハンガーの形を統一することで、クローゼット内の見た目を美しく整頓することができています。

ジャケットやシャツの肩の位置が揃っており、見た目にきれいです。

②予めハンガーの本数が決まっていることで、新規購入時の抑止力となり、無駄な買い物が減少します。

どんどんと新しい服を追加購入するのではなく、現在のクローゼットの中の服と比較をして、購入を検討するようになります。

皆さんも是非 クローゼット内のハンガーを統一し、本数を定めることで、整理整頓が自然と出来るクローゼット環境を整えてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Translate>>