ラルコバレーノのメンズ財布 タンポナート ラウンドジップウォレット


男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

本日ご紹介するのは、L’arcobaleno (ラルコバレーノ) の Tamponato (タンポナート) ラウンドジップウォレットです。

ラルコバレーノは、日本人デザイナーの森川正大氏によって2008年に設立されました。

TUTTO IN PELLE FATTO A MANO(オールレザーハンドメイド)にこだわった革小物が人気で、日本人による細部にまでこだわったデザインを、イタリアの工房の高い技術を持った革職人が形にしています。

L’arcobaleno は、イタリア語で虹という意味があるそうです。

今回ご紹介するラウンドジップウォレットは、外側がタンポナート技法によって染色されたネイビーカラー、内側は発色の鮮やかなオレンジのゴートレザー(山羊革)となっており、財布を開けた際の色の対比が美しい仕上げとなっています。

タンポナート技法は、イタリアの伝統的な染色技法で、染料を染み込ませた綿で革をポンポンと叩くことによって、独特の色ムラのあるグラデーションを描いてゆく技法です。

また、内側のゴートレザーは、フランスの老舗タンナーであるアルラン社製で、型押しされたゴートレザーは、耐久性に優れ、傷がつきにくくなっています。

私は普段 近所での買い物の時にはLファスナーを愛用しています。

しかし、ビジネスや何らかの会合のような場面でお金を支払う際には、相手の印象に残るこの長財布を使うようにしています。

タンポナート技法により、まるで大理石のような紋様を描かれた外側の革は、高級感に溢れており、財布を開くことによって、鮮やかなオレンジ色と共に大人の遊び心が伝わってきます。

皆さんも是非 遊び心を隠し持ったアイテムで相手の心に印象付けてみてはいかがでしょうか。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>