コンバーター式万年筆「オジバアルコⅡ」のお手入れ (洗浄)方法

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

一生モノの逸品は、日々の使用と定期的なメンテナンスによって、更にその輝きを増してゆきます。

本日ご紹介するのは、キングダムノート別注 アルマンドシモーニクラブ(Armando Simoni Club)の万年筆「オジバアルコⅡ」のお手入れ(洗浄)です。

この万年筆は、暫く使用していなかったため、インクが出にくくなったように感じます。

そこで今回は、万年筆の洗浄をしたいと思います。

万年筆の快適なインクフローを保つためには、日々の使用が一番だと考えていますが、使用頻度がそれほど高くない方は、定期的にお手入れをするのが良いと思います。

まずは、キャップを外した後に胴軸を回して、首軸から外します。

この万年筆のインク吸入方式は、コンバーターです。

次に、水もしくはぬるま湯にペン先を浸し、インクの色が透明に近づくまで、吸入と排出を繰り返します。


最後にペン先とペン芯についた水分をティッシュで優しく拭き取ります。

乾ききっていない内にインクを入れると、インクが水分で薄まりますので、インクを入れる場合は、少し時間を置き乾いてからが良いと思います。

皆さんも是非 万年筆の快適なインクフローのために定期的なお手入れをしてみてはいかがでしょうか。

明日は、この万年筆にインクを吸入してみたいと思います。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>