コンバータ式万年筆「オジバアルコⅡ」のインク補充

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

一生モノの逸品は、日々の使用と定期的なメンテナンスによって、更にその輝きを増してゆきます。

本日ご紹介するのは、キングダムノート別注 アルマンドシモーニクラブ(Armando Simoni Club)の万年筆「オジバアルコⅡ」のインクの補充です。

インクの補充前に行った、万年筆の洗浄の記事はこちらになります。

今回は、DIAMINE (ダイアミン)の創業150周年 アニバーサリーコレクションの内の1色であるSilver Fox(シルバーフォックス)を入れました。

DIAMINEは、1864年に英国で創業した老舗インクメーカーで、1925年からは、リバプールにファクトリーを構えています。

まずは、コンバーターのつまみを反時計回りに回して、コンバーター内のピストンを下げます。

次に、ボトルの中のインクに首軸まで浸し、つまみを時計回りに回すことで、インクを吸引します。

首軸やペン先についたインクをティッシュできれいに拭き取ります。

特に首軸の部分は、変色などの可能性もありますので、丁寧に拭き取って下さい。

最後に胴軸を取り付ければ完成です。

コメントの入力は終了しました。
Translate>>