コードバン革靴で雨や雪による水染みができた場合の対処比較(MOTO)

男の逸品図鑑では、主に私が購入したモノの中から、これは一生モノたり得ると感じた逸品をご紹介してゆきます。

一生モノの逸品は、日々の使用と定期的なメンテナンスによって、更にその輝きを増してゆきます。

本日は、突然の雨や雪によって点々と白い染みができてしまったコードバン革靴の対処として、ブラッシングだけした場合とフルメンテナンスした場合の比較をしてみました。

ブラッシングだけの場合

まずは、埃(ホコリ)払い用のブラシで細かな埃や雨とともに付着した泥汚れをキレイに落とします。

こちらの記事で使用したブラシをご紹介しています。

次に、磨き用のブラシを用いて、コードバンの毛羽立ちを押さえるようなイメージで、丁寧にブラッシングします。

ここまでの所要時間は、約1分です(片足のみ)。

左側(右足)がブラッシング前、右側(左足)がブラッシング後です。

雨に打たれ油分が減ったせいか、艶はそこまで戻りませんでしたが、ブラッシングだけでも応急処置としては十分キレイになったと感じました。

フルメンテナンス

こちらの記事(革靴のメンテナンス コードバン 雨や雪による水染み)に記載した方法でメンテナンスします。

所要時間は、約8分です(片足のみ)。

左側(右足)がメンテナンス前、右側(左足)がフルメンテナンス後です。

クリームを入れたため、しっとりとした艶が甦ってきました。

比較結果

左:メンテナンス前、中:ブラッシングのみ、右:フルメンテナンス後

時間がない場合など、応急処置としてはブラッシングだけでも十分だと思います。

しかし、雨のせいで、曇った艶を戻すにはやはりフルメンテナンスが必要そうです。

皆さんも是非 コードバンの革靴が雨に打たれた際の参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate>>